2018年振り返った

あけましておめでとうございます。これ書き始めたの冬休み中だったのに筆が進まなくて、もう仕事も始まってしまった(と書いたのが1月始めで、もう2月中旬にさしかかっている)。2017年振り返ったのがいい感じに作用した一年だったからまとめようかな〜今年は振り返りしなくても自分で把握できてるんだよな〜と思いつつもやもやもやもやするので、やり残している感覚っぽい。ブログを書いて2018年を終わらせようと思います。

去年の記事。

cuamur.hatenablog.com

2018年は自分の人生を生きようともがいた一年だった。大袈裟だけどそうだった。前の年が本当にしんどくて、毎日濁流の中にいるような感覚で、外から楽しさを補給してギリギリ生き繋いでいたのだけど、誰に肯定されようが自分で自分に納得できないと意味がないタイプだと分かったので意識の方向を変えてみた。

相変わらずすぐぺしゃんこになるし、うまくいかないことも多いけど、26年生きてきて、ようやく自分の足で歩き始めたような感覚があって、少し自信がついた自覚もあり、私がここまで言うのだから、トータルでは、つまり、めっちゃいい年にできました!!!!!!!!!!!!!!!!!!がんばったね!!!!!!!!!!!!!!えらいね!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

・やりたい直感を優先し、不安とコストは無視する
・義務感を感じること、気が向かないことはできるだけ避ける

というのを大事にするようにしたんだけど(つまり今までまったく逆だった)、「ぴゃんちゃん」のキャラクター獲得がうまく作用した気がしている。あくまでも私なんだけど、常にこうである必要もなく、波に乗りたい時はブーストしてくれるので、今のところうまくつきあえている。最近あんまり着てないけど。

この名前をくれた子と、いつもラブリーに生きている3歳児に感謝しています。

 

ライブ・イベント

f:id:cuaimr:20190109235736p:plain
26回でした。昨年の53回から半分以下に減った。友人のライブや主催イベントも含んでいるから純粋にファンとして参加したのは20回ぐらいかも。追っかけみたいな行き方してないから順位付けできる感じでもない。強いて言うなら5月の椎名林檎かな?3列目で見る日がくるとは思わなかった。こう並べてみても超いいイベント開催したなと自画自賛してしまう。調子に乗りました。

 

音楽

長谷川白紙

soundcloud.com

この一年一番聴いてました。好きすぎる。マジでずっと聴いてる。新譜出してくれて本当に嬉しい。全然量聴かない人間なので音楽性がどうとか正直分からないのですが、それで彼に辿り着いたのが自分としては面白いなと思う。ここなんだ。久しぶりに発売を楽しみに待ち、ドキドキしながら再生ボタンを押す、というやつができた。ありがとうございます。

変拍子と複雑なリズムが重なって次々に展開するのに、小難しい音楽を聞かされている感覚にならず、気持ちよくするりと聴ける。歌が前提にあるからなのかな。音の重なりだけで成立している音楽なら弾き語りできないよなとは思う。ポップさがあるので普通に人に勧めてしまう

歌詞をわからないことができるのがまたいい。私が今まで聴いてきた音楽に比べて発音としての機能の比重が大きい。単純に私の理解力がないだけなのかもしれないが、共感性や啓蒙性に疲れていた時期だからよりグッときたのかもしれない。歌詞カード見るのも楽しい

そしてなめらかで色気のある声よ…音に馴染ませたりボーカルを立たせたりが気持ち良くてたまらない
男声の好き嫌いが激しくて、歌詞や音が好きでも声で無理になってしまうパターンが多いんだけど、とにかく音も声も好みで奇跡か?ありがとうございます
なかなかこういう声の人に出会えないのでおすすめいたら教えてほしい。弱くて物足りないか強くてエグいかなんだよな

一般的な心地よい音楽、私は大体眠くなってしまうので、彼の音楽は心地よいに該当する。芸術の受容についてはせっかちなのだと思う。ゆっくり待っていられないので、これぐらい詰め込んであるのが気持ちいい。速ければいいわけでもなく。

天才という表現をされることが多いけど、あの緻密に作りこまれた音を聞くと秀才と言いたくなる。イシヅカユウさんとのイベントも面白かったな、溢れ出る知識量とわかりやすさ。またやってほしい。

書きすぎました。聴いてください。できれば買ってください。なぜなら次の作品がまた聴きたいから…

youtu.be

草木萌動 - EP

草木萌動 - EP

  • 長谷川白紙
  • J-Pop
  • ¥1500

音楽性以外の部分も好きなところだらけなんだけどひたすらキモいのでやめておきます。主催イベントにも出演いただいて本当に嬉しかった。準備期間も含めて感謝で身体爆発しそう。何すれば恩返しになるのか分からない。課金?新譜発売後、凄まじいスピードで名が知れていくのを見て、絶妙なタイミングで出ていただいたんだな…と不思議な気持ちになる毎日です。


崎山蒼志

youtu.be

2018年説明不要だった彼ですが、次点で聴いてました。この人がバズるのが個人的には意外で、なんかいい時代になったなという気持ちもある。ギターの音が瑞々しくてたまらない。なんなんだ、あれがうまいということなんでしょうか。私にとって歌詞をわからないことができるのは長谷川白紙氏と同じかもしれない。声は一歩逸れたらめちゃくちゃ苦手な部類だと思うんだけど、一回聴いただけで完全に好きだった。でもバズらなかったら聴いていなかったと思う。いいもの、どんどんバズって私のもとに届いてほしい。見つけるのも理解するのも時間がかかるので。怠惰なので。


カネコアヤノ

youtu.be

前半よく聴いていた。「祝祭」も「群れたち」も名盤だと思います。音源出すたびによくなるので最高。ただ今の私には少しエモすぎるので最近はあまり聴いていない。情景や思い出が浮かびすぎてしまうし、感覚に馴染みすぎてしまうし、それでも軽やかで美しいので、自分の美しくなさが浮き彫りになってちょっと苦しい。

 

やったこと

シャボン玉

つらくて気晴らしに行くライブもないような日々が続いていたんだけど、あったかくなった日に突然シャボン玉がやりたくなって、事前に誰かを確保するでもなく、Twitterで募集をかけた。

5分もしないうちに友達が乗っかってくれて、適当に学生時代の友人や幼馴染にも声をかけて、はじめましてばかりのメンバーで子供みたいに公園で遊んだ。別にただ遊びの招集をかけただけなんだけど、私にとっては大きい出来事だった。26年生きてきてそれすらしたことがなかった。やりたいことはやってみた方がいいし、意外とみんな集まってくれるし、割とその時間を楽しんで帰ってくれることがわかった。

何度か開催して、毎回違うメンバーが集まってくれて、私の人生でスマブラしてるみたいだった。あの子とこいつが遊んでるの、正夢みたいでめっちゃウケる。大袈裟でなくシャボン玉きっかけに人生が動き出した。シャボン玉ありがとう。

シャボン玉の何がいいって、口を使って遊ぶし、視覚的にも楽しいし、子供も集まってくるから、会話が苦手でも、はじめまして同士でも、気がついたら楽しくなっちゃってるところです。終わってから飲みに行くもんじゃないなと思う。夕方の鐘がなったらおうちに帰るのが一番いい。


一人暮らし

ずっとしたいと言いつつ勇気が出なかったんだけど、シャボン玉のおかげで案外なんでもやってみればできるような気がして、2ヶ月後には一人暮らしを始めた。何も後悔がない。いろんな人にアドバイスもらったり、内見つきあってもらったり、家電買いに車出してもらったりしてものすごく助かりました。ありがとうございました。協力してくれる人含めて自分で獲得したものだけで一人暮らししたかったから、ちゃんとできてよかった。

東京生まれ東京育ちなので実家暮らしの友人が多く、結構稼ぎながら将来のためにちゃんとお金を貯めている安定志向の人たち(えらい)に囲まれていたので、大手企業に勤めているわけでもなく出費も多くて家事もできない私が一人暮らしなんてできるわけないと思っていた。でもいろんな境遇の人たちと友達になって、家に遊びに行かせてもらったりして、それぞれ事情はありつつなんだかんだでうまくやっていて楽しそうなのを見て、私もできるんじゃないかと思えた。ありがとうございます。お金は全く貯まらないけど、本当に出てよかった。身動きが取れるようになったし、自分要因でないつらさが減った。

料理が死ぬほど嫌いで、自分が作ったもの、誰においしいと言われてもまずくて仕方なかったんですが、さすがに少しは自炊しないと体調的につらいので無理ない範囲でやっている。普通に楽しいし大体おいしくできる。背後で母に監視されているのと、他人に食べさせるというプレッシャーが無理だったんだと思う。


Rav drum

一人暮らしでスペースができたので思い切って購入。ロシアのメーカーの担当者とチャットで相談しながら購入するのも、過剰なぐらいの包装を解くのも楽しかった。
最初は適当に叩いてても楽しかったんだけど、だんだんワンパターン化してきてしまったので、リズムパターンなどを勉強しないとここから先は楽しくないと思う。

何事も根気よく取り組まないと自由に楽しめるところまでは行けないですね。今は置物と化している。ごめん。叩くね。

作曲

去年仕事帰りに突然降ってきたフレーズが頭から離れなくてGarageBandで作ってみた。夏にはほぼこの形になってたけど永遠に完成しなさそうだからさっきアップロードしました。WIPというやつですね


エジプト

高いし怖いしどうしようかと思ったんだけど、この先エジプト行こうって誘ってくれる人絶対いないなと思ってノリで行った。完全に行ってよかった。若いうちに少人数で行くべき場所だと思う。暑くて体力奪われるし(真夏に行くのが馬鹿なのかもしれない)、大人数ツアーだとゆっくり見れなさそう。

5泊8日の旅でした。本来のツアー内容にアレクサンドリア追加したから結構タイトスケジュールだった。どれがどれだったか若干覚えていない…

なんだかいちいち壮大で嘘みたいだった。本物の迫力はすごい。デカい。

砂漠、なんにも音がなかった。どこまでも何もなくて、蜃気楼だけが見えた。蜃気楼って本当に水みたいに見えるんだ。あんなの、絶対水だと思って歩いてしまう。物語は事実に基づいている。

f:id:cuaimr:20190210014515j:plain

帯のようにきらめいているのが蜃気楼

現地の人とコミュニケーション取れると嬉しい。マクドナルドの店員さんが日本人に興味津々で、慣れない英語を使って総出で対応してくれたりとか、親子と目が合って手を振り合ったりとか、ホテルのプールでキュートガールと遊んだりした。

ご飯は大体まずかった。しょっぱいか味がないかの二択。味の幅はない。特にスパイシーでもなかった。意外。おそらく食感などへのこだわりもない。

バス移動が多かったからお弁当を出してくれたんだけど、「箱」という概念だけが導入されており、大量のパサパサのパンとただ焼いたチキンがフニャフニャの紙の箱に詰められていた。取っ手がすぐにやぶける。

コシャリという名物ファストフードを帰りの出国待ちで急いでかきこんだんだけどそれだけはやたらおいしかった。写真なし。

フレンドリーでおしゃれなお姉さんとそのお母さん、初の一人海外旅行をノープランで決行したイケメンのお兄さんとちょいちょいツアーで一緒になった。熱中症で倒れかけたときに扇風機貸してもらったりスポドリの粉末を分けてもらったりしてとても助かった。お互いにさくっと別れたけどこういう出会いは嬉しい。元気にしてるといいな。ありがとうございました。

受験勉強は世界史に一番時間かけたのに全く覚えられなくてセンター試験も6割しか取れなかったから、遺跡の説明されてもほぼピンとこなかったのだけ心残り。友達はいちいち盛り上がってて羨ましかった。

レポツイートがクソバズって笑った。クソリプ飛んでこなくて、FGO界隈の治安の良さに感動した。

この前テロがあったそうで悲しい。私たちが爆撃を受けていたかもしれない。できるだけ平和であってほしい。

f:id:cuaimr:20190210014611j:plain

カルナック神殿で舞い踊る私

タイ

特に挑戦ではない旅行だったけど、エジプトの2週間後だったから若干日本にいたいと思いながら行った。けど楽しかった。3日だと足りない!観光しすぎてせっかくの美食を満喫しきれなかった。

  • ワット・パークナム
  • ワット・ポー
  • ワット・プラシーサンペット
  • ワット・ヤイ・チャイ・モンコン
  • ワット・マハタート
  • ワット・ロカヤスタ
  • アジアティーク ザ リバーフロント
  • カリプソキャバレー
  • Sretsis Parlour
  • ターミナル21
  • カオサン通り

クソ日本語が大好き。

f:id:cuaimr:20190210023528j:plain

ターミナル21、狙ったかのようなクソ日本語で溢れている

f:id:cuaimr:20190210023438j:plain

逆(逆から見ても逆)

いろんなものに乗った。

f:id:cuaimr:20190210023718j:plain

まるでデコトラのようなトゥクトゥクかわいい スリリングなカーチェイスを体験できる

さすがにエジプトと違って日本人観光客が多い

f:id:cuaimr:20190210015117j:plain

日本人だらけのインスタ映えスポット ワット・パークナム

 

アジアティークのニューハーフショー、歴史長くて有名らしいのに死ぬほどクオリティ低くて笑った。音響クソだし。謎すぎる脚本か有名人の口パクカバーだらけで、ハイクオリティな宴会芸って感じだった。ダンスがうまいか、綺麗かどうかが全く頭に入ってこなかった。楽しかったけど。ツアーに組み込まれてるし初心者向けなんだろうか。

f:id:cuaimr:20190210023920j:plain

どういう衣装なんだよの連続

 

噂のSretsis Parlourにどうしても行きたくてみんなに付き合ってもらいました

f:id:cuaimr:20190210023217j:plain

親切なボーイさんだった

f:id:cuaimr:20190210023304j:plain

外観もかわいい

 

古民家文化祭

イベントを主催した。イベントを主催した?!?!?!イベントを主催しました!!!!!ありがとうございました!!!!!何を言っても足りないです。楽しかった。すごかった。

twitter.com

主催レポートはnoteで書いています。もう3ヶ月経っちゃうのに全然書けてない。すいません。投げ銭すごく嬉しいです、ありがとうございます。ぼちぼちやります。ぼちぼちすぎるだろ。

note.mu

イベントの話はnoteで書くとして、自分の話をすると、私だったからできた、ということが確かな実感として得られたのが本当に大きかった。これまでの人生、多分一般的に見たらまあまあ優等生のレールに乗っているし、それなりにがんばってきたと思うんだけど、私じゃなくてもできたはず、他の人がやった方がうまくいったはず、他にももっとすごい人はいる、うまくいかなかった、といった認識をどうしても抱きがちだった。でもこれだけは、私がいなきゃ生まれなかった出来事だし、私が私の人生を生きてきたからこういうイベントになったと思えている。誰に何を言われてもこればっかりは揺らがないと思う。学生時代に舞台に立つ側になったことも、裏方に回ったことも、一オタクとしていろいろ思っていたことも、仕事も、その過程で出会った人たちも、全部あったからこのバランスになった。なんか、何も無駄じゃなかったっぽいし、無駄にしなかったのも私だ。こんなにたくさん協力してくれる人や寄り添ってくれる人や本気になってくれる人や心配してくれる人や見守ってくれる人がいるということも、ここまで実感できたのは初めてかもしれない。ありがとうございました。どんなにたくさんの人に喜んでもらえても中には不快感を示す人もいるということもわかったけど、なにかしてもしなくてもどうせ誰かに何かしら思われるんだろうし仕方ないので、だったらやった方がいいんだと思う。得られたものが多すぎるおかげでそう思える。それぞれとタイミングが合った時になんか楽しいことすればいい。何かを世に出すにあたって、人から見えるものはほんの一部でしかないこともよく分かった。いつもアウトプットしている人はやっぱりえらいしすごい。日々の楽しみをつくってくれる人たちに改めて感謝したい。そんなに細かく考えなくていいよってアドバイスももらったし、確かにそうだなと思いつつ、自分なりに丁寧に整えたことがあの一日を作ってくれた気もするので、今回は初主催にしては超合格だと思う。「神は細部に宿る」って言葉好きだし。終わってからも、楽しかったからまたやってほしいとか、来年は絶対行きますとか、自分も出てみたいとか言ってもらえたり、「古民家文化祭の人」で名前知っててもらえたりして、嬉しくて心がはちきれそうになる。ありがとうございます。少しでも関わってくれた人全員にあなたのこういうところにすごく感謝していますって一人一人伝えていたら寿命がきてしまいそうなくらいなので、自分をがんばりながら、時々で楽しく関わることでお返ししていきたい。大袈裟でなく、私だったからできたし、みんながいたからできたと思っています。ありがとうございました。楽しかったね!

 

今年

仕事面での能力に焦りがあり、仕事をもう少しがんばる年かもしれないので、インターネットで見えるものは少なくなるかもしれない。あんまり自信ないけどちょっとでもそう思えるようになったのはいいことだと思う。

おもしろいものと大事なものをもっと知ってもっとよくなるぞ!

今年もよろしくお願いします。

ふわりとしたやってみたいの思いつきはそれなりにある方だと思うんだけどすぐやってみた場合のことを考えて大体それはできないやらない方がいい理由とイコールだからやらないを選択してきたことが多いのを自覚している(それでもやるを選択したことがたくさんあるのでバカにしないでほしい苛立ちが無駄だから)のでここ1〜2年は行動決定のタイミングだけは意識的に見切り発車するようにしていて特に目下の課題が金なら全額課金するを選択しているのでただでさえ少ない貯金がみるみるうちに減っていてそろそろ精神衛生に支障をきたすから早くボーナス下さいでも冬は大嫌いだし全然働きたくない足りない意志を金でゴリゴリブーストしてやってみた楽しかった意外と大したことなかったできるじゃんやってよかったほらやってみた方がいいんだよって成功体験を積み重ねてあげないとどんどんめちゃめちゃつまんない大人になっちゃうからきっと正しい課金だと思っているけど単純に高額課金の味を占めて感覚麻痺してるだけの気もするけど同世代はそんなこととっくに乗り越えて人生の選択をしている時期だと思うけどそんな気はとりあえず無視です

なんとなくイベントをやることにした(といいつつあんまりなんとなくのつもりはない)のだけどまあ金がかかりますね、ただでさえ金がかかって昔から再三言っている「クリエイターに金払えよ」のポリシーが初っ端からセルフ粉砕しててあああああああ金払いたい金払いたい金払いたい金金金金金代わりに何できるかななんとかお金捻出できないかなとか好きな人にばっかり声かける贅沢してる代わりに自分の不手際で嫌な思いさせちゃってこんなことやんなきゃニコニコなかよくしてられたのに今までの関係性ダメになっちゃったあーあみたいなことになんないかな私の思いつきで私が大ゴケするのはいいんだけど今回は事情が違うなとかあいつ自分が人気あると思って調子乗ってるぜとか思われてんじゃないかとか私が楽しそうにしてるのが不快に思われてんじゃないかとかイベントかぶったらどうしよとか不安もあったりして楽しい9割不安1割にチューニングしてはいるもののなんだかんだでプレッシャーかかってるのかこの1週間全然眠れない寝てるけど

 

早朝に目が覚めてしまって思考が4つぐらい平行してうるさいので1つだけ吐き出した おやしみ

一人暮らし 買ってよかった・買わなきゃよかったリスト(2018/6/4付)

一人暮らしを始めて一ヶ月経ちました。たのしい〜〜〜〜〜!!!!!

いろんな人にいろんな物をおすすめしてもらい大変助かっているので、ここのところ導入してよかったもの・後悔しているものを羅列しました

このへんみんな実家でも買ってるもんなのかな…

リンクを踏んでも私には一銭も入らないのでご安心を

 

買ってよかった 

・洗面台のゴミガード/ダイソー

スポンジを排水口にはめておくだけで髪の毛をもりもり取ってくれる

ワンタッチで簡単に交換できるのが最高

絡んだゴミを必死に取る作業が皆無になる

実家で洗面台掃除担当だったんだけど数日手つけられないと詰まりまくって家全体が最悪な空気になっていたのでこれを導入して平穏な家庭を形成してほしい

このブログに詳しく書いてありました、インターネットなんでもあるな

ダイソーのゴミガードで洗面台の掃除が簡単に。ポップアップ式に使えてゴミをキャッチ!

 

ブルーレットさぼったリング/小林製薬

おい日本にはこんなヤバい代物があったのか、早く教えてくれよ

①粉を入れる

②放置

③流す

これだけであの輪っかの汚れがきれいになる マジ?

一度も便器に触れずに済むのが最高ポイント

トイレが汚くなるたびに家全体が最悪な空気になっていたけどこれを導入すれば平穏な家庭が形成できるのではないか

当然飛び跳ねには効かないから半分ぐらいしか解決しないけど

www.kobayashi.co.jp

 

充電式クリーナ CL105D/マキタ

友人に勧められて購入。

軽い!!!コードレス!!!掃除機ってこんなにかけるの楽だったの?!ウケる!!! 

実家の掃除機は見た目を重視したのか、重い・ボタン押しづらい・コードめんどくさい・パイプ抜きづらいという使いづらさの塊だったので「掃除機かけて」と言われるたびに最悪な気分になっていたのだがこれを買ってからというもの掃除機大好きマンになってしまった

6畳だったら週1〜2で充電すれば十分

 

・TUBELOR HOMME/ideaco

名前がおしゃクソなゴミ箱

いっぱい入る!ゴミ袋見えない!中身見えづらい!

ゴミの日に袋だけ取り出してポイで済む、使いやすい

ゴミ箱の割に高いけど燃えないゴミ用も注文してしまった…

www.ideaco-store.com

 

珪藻土バスマット/ニトリ

友人の買い物をパクった

速攻乾く。最高。

床が傷付きやすいのと、マット自体が滑りやすいので注意

お年寄りやお子さんがいる家庭には向かないかもしれないね

www.nitori-net.jp

 

・抗菌風呂いす/ニトリ

座りやす!!!腰楽!!!

座面高30cmだったかな

軽くて洗いやすいアルミ脚 抗菌風呂いす ソリノ | ニトリ公式通販 家具・インテリア・生活雑貨通販のニトリネット

 

ジップロックスクリューロック/旭化成

友人に勧められて購入

コンテナより開閉が楽だし蓋も壊れにくそうで非常によい

意外と量も入るし、蓋ゆるめればレンジもOK

丸型だから冷蔵庫内をギリギリまで効率的に使いたい人には不向きかも

っていうかジップロックって旭化成だったの?

www.asahi-kasei.co.jp

 

・キチントさんごはん冷凍保存容器/クレハ

実家で便利だったから導入

ラップだと包むの面倒、チンした後熱くて触れない、量が一定にならないなどの懸念がありますがこれを使えば全て解決です

ごはん冷凍保存容器 | 商品紹介 | クレライフ - クレハの家庭用品サイト

 

・らくチンクイックサラダ/エビス

友人に勧められて購入

じゃがいもが!にんじんが!ブロッコリーが!500W 2分30秒で蒸しあがるよ!!!すごいね!!!蒸し野菜おいしい!!!栄養最高!!!

 

・医薬品 ゴキジェットプロ 秒殺+まちぶせ/アース製薬

殺意に満ちた商品名からお察しの通り即死。

www.earth.jp

 

 

買わなきゃよかった

・タオル/西友

何回洗っても糸糸糸糸糸糸糸の嵐

手も髪もゴミだらけじゃねーかなんだこれ

ちなみに「きほんのき」ではない、西友ブランドでもないかもしれない、西友ごめん

タオルおすすめないですか?

 

・密閉米びつ2kg/アスベル

Amazonで評判いいし安いから買ってみたけど使いづらかった

冷蔵庫に入れやすいし確かに虫も入らなさそうなんだけど、とにかく計量がしづらい

目盛り目指して注ぐしかないし、入れすぎたとき戻しづらい

使い方間違えてるのかな…なんで評判いいの…

お米はきっちりすりきりで計りたい…買い換えるかもしれない

米びつおすすめないですか?

 

・素材を生かしたパスタソース うにクリーム110g/無印良品

まっず

磯に牛乳混ぜたみたいな味

「素材を生かした」って物は言いようだな

www.muji.net

 

・平皿/ダイソー

使い勝手はいいけど裏側の処理が甘くてテーブルがめちゃくちゃに傷付く

100円だもんね、ちゃんと選ぼう

 

 

 

 

実家は節約のために便利グッズをほぼ導入してなかったみたいだけど、月に数百円かければあの殺伐とした空気が軽減されるんじゃないか

毎月お菓子2つ我慢すれば買えると思うんだけどな

 

とりあえず以上です

おすすめグッズ情報は引き続き募集しておりますのでよろしくお願いいたします

喚く程度の気力があるときに喚くおかげでご丁寧に死にたいとかお伝えしないとまあまあ元気ってことになるのほんとウケる

みうらじゅんフェスが理解可能すぎた話

みうらじゅんフェスに行きました

www.kawasaki-museum.jp

 

 

物量もすごかったし(幼い頃からの制作物の量が半端なくてみうらじゅんになりてえ〜と思った)、物自体は面白かったんだけど、満足度70%ぐらいだった。

場全体に意味不明さを求めて行ってしまったんだけど、全然意味不明じゃなかったからだと思う。蒐集性が強い展示の場合、(物自体に執着がない限り)物よりもどういうカテゴリーで括っているのかに興味があったっぽい。

私が求めていたのは普通のものがカオスに並べられている場で、みうらじゅんフェスはカオスなものが整然と並べられていたという感じ。

 

例えば「市町村とかによくいるかわいいんだかダサいんだかよくわからない微妙なマスコットみたいなやつ」という概念に、みうらじゅんは「ゆるキャラ」をいう名前を付与するわけだけど、みんな「市町村とかによくいるかわいいんだかダサいんだかよくわからない微妙なマスコットみたいなやつ」という概念に対して違和感ないと思うんですよ。ナイスネーミング。それそれ。わかる。はーすっきりした。ゆるキャラね、ゆるキャラ。これからゆるキャラって呼ぶわ。ありがとうみうらじゅん。となるじゃないですか

そんな感じで「ゆるキャラ」「いやげもの」「仏像ブーム」といった理解可能な区切りで展示が続いていて、感想としては「そうですね、面白いですね」という感じだった。客も懐かしさで反応している客が多くて、つまりは「わかる」ということなのだろうけど、違うんだ、わからなさがほしいんだ…

展示物が面白いからなんの問題もないんだろうけど、理解不能からくる好奇心が、理解できるために喚起されなくて物足りず、メジャーとアングラの差ってこれか?わかりやすくないとダメなのか?と思った。ただみうらじゅんのことを全く知らないので、この展示物が集められた経緯を知らないことを考えると、展示方法の問題かもしれない。となると民間と市営の差なのか?森美術館でやったらもっと面白かったのでは?もしかして入場料が800円だからなのか?いいよ1200円払うから1.5倍編集にお金かけてよ…でも市営なのにめっちゃがんばったね…ごめんねクッソ面白く編集されてないと面白さが伝わらない人間で…ごめん…私のせいだわ…これからもがんばってほしい…

 

蒐集タイプの展示(?)でよかったのが北海道の「レトロスペース・坂」なんですが、こっちは一見雑多に脈絡なく置かれているように見えて、よく見ると蒐集者なりのカテゴリーが見えてくるから面白かった。

特徴的なのがこれ。

 

もしこれをみうらじゅんフェスに置くとしたら「アイドルブーム」とか「CDジャケットブーム」とかになると思う。そりゃそうなんだけど、そりゃそうだからあんまり興味が湧かない。

蒐集系の展示は物に元々付随している文脈を一旦捨て、本人の理解で意味を付け直していることに面白みを感じるらしい。

 

 

ギリギリ理解できない違和感を場で体感して、理解できる・できないの差を自分なりに落とし込むのが好きなのかな。物自体の面白さは前提として、一見意味不明で、かつ少し考えたら理解可能というギリギリのバランスが快感なんだと思う。というか私の興味の矛先、物自体じゃなかったのか。

最近思うけど、私の感想は見たものへの批評じゃなくて自分の感性分析でしかない。何が琴線に触れて、何が触れないのか、その理由はなんなのか、ばかり考えている。それはそれでいいんだけど、頭が先に動いてしまうせいで心が鈍っているし、どんどん言葉を発せず飲み込むようになってしまって、逆効果なんじゃないかと思う。思考を飛び越えてくれるぐらいの衝撃が欲しくてライブやら珍スポットやら面白展示やら旅行やらに行ってしまうけど、最近それにも刺激を感じなくなってきて、どうにか観点を変えないとまずい。辛いものを食べすぎて舌がおかしくなっている。結局外部刺激じゃ何も解決しなくて、自分が動いたことで刺激を得るしかないんだと思う。毎日生きてるだけでいっぱいいっぱいだしそこそこ仕事も頑張ってるのにまだ頑張らなきゃいけないのかよ。というわけで手っ取り早い刺激、やっぱり一人暮らしだと思う。わかってはいる。わかってはいる。

縷縷夢兎がステートメントを表明したことに疑問を抱いたことへの疑問について書いた

懲りずに縷縷夢兎の個展を見てきました。

kata-gallery.net

 

佳苗さんが今回の個展で言いたいことはわかるとして(わかってないかもしれないけど)、それをわざわざ言語化してまで表明する必要性がいまいちピンとこなかった。いや、観客やメディアに向けて言語化しなければいけない状況があったからしたんである。だからなぜ私が疑問を持ったんだろうという疑問です。はい、私の話です。縷縷夢兎の分析ではないです。

 

 

  • 縷縷夢兎の定義について

「衣装」というものにやたら思い入れがある。特別な人が特別になるために着るもので、その人の魅力をこじ開けて引き出して、ステージに上がる魔法をかける、業が詰まったヤバい物体だと思っている。そもそも。その文脈で言えば私が衣装と呼んでいるのは縷縷夢兎とオサレカンパニーぐらいです。

 

だから縷縷夢兎は衣装であることが大前提で、人が着て初めて完成するものだと思っていた。

個展は普段見ることのできない細かい造りまでじっくりと眺めることができながらも、ただの衣服としてではなく、着た時のあの空気感まで再現している場所、という感じ。インスタレーションや映像作品もあくまでも衣装であることが先んじていると思っていた。

 

ただ多くの人にとって衣装という性質はそんなに重要ではないというか、「ドンキで売ってる衣装より全然かわいい」ぐらいの気持ちの人もいるわけで。

だから縷縷夢兎が縷縷夢兎の状態で伝わることが最優先で、表現方法やポジショニングを探り続けてるし、それを表明する必要があるんだな。それもあってインスタ映えがどうのみたいな話で論争が起きるんだろう。 

 

(ついでに言うと佳苗さんがインスタ映えについて言及したのも「ゆめかわな世界観♡」とかまとめてくるメディアに仕方なく説明してるんだと思ってたのに、普通にメインターゲット内で論争が起きていてげんなりした。イマドキ女子、リアルな温度感で「インスタ映え」って言っちゃうのかよ。SNSがわからないおじいちゃんたちに説明するためのダサワードだと思ってた。わかるんだけど。)

 

 

 

  • 見る側か見られる側か

アイドルオタクである私と、「かわいい」の一つとして女の子を好きな女子の間には、意識にも断絶があるっぽい。

私はかなり意識的に見る側であろうとしているけど、後者の場合は見る側と見られる側がかなり流動的で、そこへの抵抗もあまりないんじゃないかということ。

 

 

コンプレックスの話をします。

 

アイドルオタクのメイン層であるおっさんに対して何が一番コンプレックスかって、自分が見られる側になるかもしれないという怯えを持ちえないところだ。おっさんがアイドル(狭義)になれる可能性は0なので、オタクとして目立つとかはあるにせよ、アイドル現場にいればわざわざポジションを選ばなくても見る側でいることができる。アイドルになるかどうかは努力の話ではない。

 

ただ私は女である以上、めちゃくちゃ努力したら0.000001%ぐらいはアイドルになれた可能性がある。アイドルになりたい気持ちがなく、アイドルのオーディションを受ける勇気がなく、アイドルになれる努力をしなかったから、私はアイドルではない。が、アイドルになりたい気持ちがあり、アイドルのオーディションを受ける勇気を出し、アイドルになる努力をすればうっかりアイドルになってしまうかもしれないのである。

選べるのに選ばなかったんです。おっさんは「生まれ変わったらアイドルになりてえな~」でいいだろうけど、私はその前提を手にしているにも関わらず選ばなかったんです。それでもステージにいる子との差を考えずにはいられず羨望と憧れと劣等感は消えないから、なりたくないならそれでいいじゃん、とかそういうものではない。わかるか、わかんねえだろ。

だから見る側を選択したという気持ちでいるし、見られる側を選んだ女の子に対して歪な敬意があるし、簡単に「アイドルになればいいのに」と言ってくるおっさんに軽蔑の気持ちを持ってしまう。つーかそんな気軽にアイドルやってると思ってる奴がアイドルオタク自称してんのかよ、くそが。

 

コンプレックスの話終わり。

 

 

でも今の女の子たちって見る側と見られる側の壁がそんなにないんじゃないか。

なんなら常に見られる側ではあって、観客の量と距離で選ばれたかどうかの判定がつくみたいな感覚なのかも。

私が(非)museだとしたら、縷縷夢兎のメイン層は(未)museって感覚なのかもしれない。

それならわざわざno museをテーマにしたのも、ステートメントを表明したのも、毎回毎回マウンティング合戦が起きるのもちょっとわかる。

 

いや、なれるならなりたいけど、「縷縷夢兎着たい」は「プリキュアになりたい」ぐらい現実味がない。

 

 

 

 

結局のところmuseがいる縷縷夢兎が見たい。嫌な言い方をすれば、何かを得られる保証もずっといつづけられる保証もないのにリスクを負ってまで私達の前に出てきてくれる欲深くて強くて美しい女が好きで好きで好きで好きで好きでたまりませんああもう本当にすみませんリスクを取らずに欲しがるだけ欲しがって本当にすみません。"no museと称して私達のところまで降りてきてくれたけどいいんです降りてこなくて、圧倒的に突き放してほしい。多分 "no muse" というテーマがあってもなくても身の丈に合わないくせして勝手に自分を見つけたりする。「THE END OF ANTHEM」を見て「私これ出れると思いますよ」とか佳苗さんに言い放ったんだから本当にウケる。

 

muse03が売り切れていたので早くほしい。手元にきたものを見たいからサンプルは読んでない。

せめてお金を払おうという気持ちは常にあるけど、それだって佳苗さんやmuse達のリスクに比べたら懺悔程度でしかないのはわかっている。

知人が亡くなったらしい。さびしい。こんなさびしいものなのか。会うたびに話し込むような関係ではなかったけど、穏やかで飄々としていて静かに愛がにじみ出ているような印象で、挨拶できるとちょっと嬉しい人の一人だった。
朝訃報を目にしてから一日中じんわりとさびしくて、友達と話しながらもずっとそのことばかり頭をよぎっていた。彼と親交の深い研究員の人たちが口々に思い出を話したり集まっているのを見て少し救われた。残された人たちが明日からもどうにか暮らしていくために追悼や葬儀があると思う。私ぐらいの関係性であんまり言及するのもどうなんだろうと思ったけど、私は私なりにさびしいので仕方ない。明日になったらもうさびしくないのかもしれないけど、今日はさびしかった。もっと話しておけばよかったというわけでもなく、これから先もいつもみたいに会えたり会えなかったり、話したり話さなかったりしたかった。さびしい。

 

長崎楽しかったな。初対面なのに部屋飲みしたの。

f:id:cuaimr:20180128034626j:image