昔からどのグループにも属せず板挾みになるタイプだったのを思い出した

大人になったらこんな面倒なことなくなるといいなって淡い期待を持っていたけどいつまでたっても人が集まると学校みたいだしポジションも変わらないもんですね、誰に特別嫌われるわけでもないけど特別好かれるわけでもなく、大事な思い出には入れてもらえないのに争いが起きたら取り合いされていた

一人一人に対してここは同意するけどここは違うんじゃないって思ってるだけなのにどうせ君はあちら側なんでしょうって両方に言われるの悲しいな、意見がきれいにふたつになるなんてありえないんだから私が一番正しいじゃないか、みんな実体より肥大化した言語を信じてしまうから寂しい

学校で女の子同士親密になるには秘密の共有も必要だったけどそれもできなかった、自分で認めるのすら少し負担なのにわざわざ人に差し出す義務が生まれるのが理解できなくて私だけ秘密を教えてもらえなかった、一回開示してみたら想像通り秒で広まったし特に得られるものもなくて最悪だった

これも大人になっても驚くほど開示を求められるし言わないとひたすら責められるけど全然教えてあげたくない、わかりやすくにじみ出た部分と適宜トリミングした情報でわかった気になってくれればいいよ、別に推測しようもない大事な記憶は教えてあげないよ

ゆっくり時間をかけて一人で殺してきた憎くてたまらない記憶をほんの少しだけ開示してみたら見返す気もなかった部分まで息を吹き返したかのように噴出してきて混乱している、共有すると実体を伴ってしまうのを忘れていた、珍しく少しだけ開示してみたくなってしまったから仕方ない、ついでに消すために頼っていたものがとっくに劣化してしまったのにも気付いてしまった、大事にしていたはずなのにこれも憎くなるのかもしれないと思うと寂しい、今この瞬間すきだと思う気持ちすら明日続くかどうか全く信用ならないから自分の感覚にも頼れなくて困ってしまうけど記憶に殺されるのはくだらないからまた一人で丁寧に殺そうと思う

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!感想(大体dis)

劇場版ポケットモンスターを見てきました

www.pokemon-movie.jp

 

 

ネタバレなしでざっくりコメントすると上記ツイートのような感想です

以下ネタバレしますがほぼ全部disですごめんなさい

 

  •  ノスタルジーに頼るとつまらなくなる問題

いやわかるんですよ20周年ですし、あの頃のこどもたちに向けた総集編やりたいよね、ありがとう、でもあの頃のこどもたちだけに通用するリメイクならやらないでほしいんですよ、願わくばピカチュウにはミッキー規模になってほしいんですよ、20年も愛されるの本当にすごいことだけどたった20年程度でリバイバル繰り返さなきゃ持たないようなコンテンツじゃないでしょうが!これ完全にセーラームーンリメイク版(本当にクソ)と同じ感想(ポケモンセーラームーンの数億倍マシでしたが)なんですが、対象をあの頃のこどもたちにした結果ノスタルジーに乗じて描写が浅くなるのマジでペラペラすぎて最悪です、現代のキッズたちに十分魅力が伝わるコンテンツなはずなのにそれを自らおとしめるようなことしないでくれと泣きたくなるよわかりますかこの気持ちが!!!自ら賞味期限縮めてんじゃないよ!!!ばかたれ!!!わかるよ2時間ないしね、仕方ないよ、コラッタレベルの出現率で伝説のポケモンが登場しても、ふしぎなアメ食わせたレベルでポケモンが進化しても、仕方ないよ2時間弱しかないんだから、私たちが彼らの時間軸を受け入れないといけないですよ、よくまとめたよね私じゃできないよ、でもエモでコンテンツ力使い切るぐらいならいっそやらないでほしい、ミュウツーの逆襲を再度劇場上映とかした方がいいでしょ、そうしよう、ミュウツーの逆襲発声上映とかやって俺らもキッズたちもわんわん声出して泣こうぜ…

 

  •  ポケモンがいない世界は悲しい世界なのか

一番ショッキングだったのが「もしこの世界にポケモンがいなかったら」の描写です

スタンスが相容れない相手とバトルしてサトシが負けてしまい、旅の友人と喧嘩し、しまいにはピカチュウにまで「他のポケモンを選べばよかった」的なことを言い放つ始末

その後マーシャドーの能力でポケモンがいない世界の夢を見せられるんですが、その内容がサトシが10歳になってもポケモンと旅立たず、普通に学校で勉強してる世界なんですよ、もちろんポケモンは存在すらしていません

 

それ、私たちが生きてる世界じゃん…

 

幼い頃からなんとなく私の世界にはポケモンがいないぞ?あれ?とは思っていましたよ、10歳になってもオーキド博士からポケモンもらえないしポケモン研究所の場所とか聞いたことねえし住んでる地区カタカナ表記じゃないしなんなら猫アレルギーだしね、それでもゲームとかアニメとかおもちゃとかでポケモンがいる世界に没入していたし私の世界にはポケモンがいましたよ、通学路の川沿いからよくフシギダネとかナゾノクサ飛び出してきたしピカチュウとよく昼寝してたしヒトカゲと夏の夜の校舎を徘徊したりしたんですよ 

ポケモンGOがあんだけ流行ったのもう忘れちゃったのかな、ポケモンが実際に私たちの世界に出現する未来をどれだけの人たちが待望していたかが説明なしにわかる社会現象だったでしょ、だからどんだけゲームとして拡張性がなくても既に結構な人がアプリを消していても、ポケモンが私たちの世界にいることを信じさせてくれたポケモンGOは本当に素晴らしいです、がんばってほしい 

ピカチュウだけがいなくなってしまった世界を描いてくれればよかったじゃんと思いつつ、他のポケモンもちゃんと大事に思っているからこそ他のポケモンがいてピカチュウだけがいない、でも何かが足りない、という描写はしたくなかったんだろうなあという想像はできました、でもさ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

並行世界の描写が流行りなのは重々承知なんだけど、現実世界の中でもやっぱりどこかでポケモンがいる世界を信じて生きているから、ポケモンがいる世界で私たちの世界を悲しい世界扱いされると結構キツいものがある

 

 

あと細かい部分なので本当にぼやきという感じですが

 

  •  なんの技使ってんの?

マーシャドーに操られたポケモンたちが軒並みビーム出しまくるのマジで不可解でした、冷静になってくださいよ、ゴローンが緑色の光線出します?意味不明すぎて調べたけど緑色の光線っぽい技はやっぱり覚えないと思いますよゴローンは。あるなら教えてください。謝ります。謝るけどあんま納得はしません。だって覚えなさそうだもん。仮にソーラービーム覚えたとしてそんなはかいこうせんみたいな見た目してないと思うしつーか曇天だったし。あ、はかいこうせんでしたか?失礼しました

yakkun.com

 

 

ロケット団の扱いがマジでノスタルジー要素しかなかった、合間に登場しては吹っ飛ぶだけで一ミリもサトシたちの邪魔してない…なんでだよ…せめて劇場版のお家芸ロケット団がちょっかい出してくるけどなんだかんだ助けてくれて珍しくかっこいいのに結局吹っ飛んで報われない」まできっちりやってやれよ…ロケット団の愛おしさに変わりはないんだけどさ…

 

最悪だったのが終盤の感動シーンでピカチュウしゃべっちゃうんですよ、ピカチュウがしゃべっちゃうんですよ

あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜しゃべっちゃったか〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ピカチュウしゃべっちゃったか〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜「ピカチュウは人間語を話さなかったけどサトシにはピカチュウがそう言っていることが伝わりました」という描写をピカチュウに人間語を吹き込むことで表現しちゃったか〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いくらなんでも安易すぎる、喋らせるならニャースミュウツーぐらい背景描写してくれないと納得感ないですよ、世界観切り分けたパペモンですら公式でやられるとちょっとムカつきますからね 

www.pokemon.jp

 

萎える。

 

 

 

もしかしたらインタビューやパンフレットで解説があるのかもしれないけど映画なんだから映画で全部伝えてくださいよとしかコメントしようがない、知らんがな、こちとら既に1800円払ってるっつーの

 

 

グッときたのはちょいちょい過去キャラをしのばせていたところかな、サトシがテレビで見ているポケモンバトルで戦ってたのはミュウツーの逆襲に出てきたスイートちゃんとクスクスっぽい、ゲンガー使いもソラオくんに似てるけど手持ちにゲンガーいないし別シリーズの登場人物かな?エリカ出てくるしタマムシジムの描写は最高、あれ映画のピークじゃなかった?他のジムも現代の技術で精密に再現してほしい〜!並行世界の教師はもしかしてキクコさん?違うかもしれないけど他にもいたかもしれません

 

 

ギリギリほめてみたもののトータルではモヤつきの多い映画でした。でもポケモンはだいすき。おわり

草間彌生展を見てきた感想ではない

草間彌生が特別好きなわけではないのだけど、母親が「とりあえず圧倒される感じで楽しかったよ」というので(両親が薦めてくる展覧会は外れがない)、会期終了閉館ギリギリ滑り込みで見てきた。

kusama2017.jp

 

本当は昨日行くつもりだったんだけど、炎天下70分も並ぶ気力が湧かなかったからやめたんだけど、やっぱり行かなきゃいけない気になってきて、仕事も暇だったし、あと2時間半なんとなくオフィスにいて数千円会社から払ってもらうのと、さっさと帰って1600円払って芸術を見る経験を得るの、絶対後者の方が世界にとってプラスじゃね?という気持ちになってしまって、私用があるの思い出したので帰ります!とか言って退社した。明日会社行くの怖い。いつも怖いけど。でも行ってよかった。行ってよかったー!!!

 

最近思うんですけど、めちゃくちゃデカい!!!とかめちゃくちゃ多い!!!みたいな圧倒的な質量に勝てるものなくないですか。芸術的素養がないからどのジャンルがああでこの作品と比較した場合のこの解釈がこうでとかこの流れにおける位置付けがどうでとかわからない。知ったら知ったで楽しめるタイプではあるけどそれは理解する面白さだから、自分の感覚が不可抗力で震えるあの感じははちゃめちゃに圧倒的なものでしか感じられない。それがわかりやすいってことなのかな。誰かが意味付けしなかったら価値が生まれないものにお金払う人がたくさん、商業的に成り立つぐらいいるんだから、シンプルでわかりやすくてつまんなくて普通で正しいな私の感性。なんとなく嫌いだった村上隆も展示見たら超面白かったもんな、デカくて。Google画像検索で見てもわかんないものってたくさんあるな。デカさも質感もわかんないもんな。四方八方を取り囲まれる感覚もわかんないもんな。草間彌生のグッズよく売ってるけど全然いいと思わないな〜って思ってたけど当たり前だよね、そもそもグッズのためにデザインしたんじゃないんだから。芸術は生で見なきゃダメだよね。芸術は生で見なきゃダメだよ。意外とデカかったり意外と小さかったりするから生で見なきゃダメだよ。

 

脳内に流れてくる情報の取捨選択が下手なのか、人より思考のスピードが遅くて、つまり時間がめちゃくちゃ早く過ぎる。みんな本当は1日72時間ぐらいあるんでしょって思っちゃう。そんなことないよね。ごめんね。どれだけゆっくり見ても近くで見ても遠くで見ても何周しても全部オッケーだから美術館がすき。趣味がアイドルとか大森靖子ちゃんとか音楽に寄ってるような見え方をするけれど音楽の良し悪しはわからない。だからただいい音楽をやっている人のことはなかなかすきになれなくてもどかしい。総合芸術的じゃないと引っかからない。いい音楽をやっているというだけですきになれる感性が私もほしい。かなり視覚的な情報に頼って生きている。センスの良し悪しはまた別の話。時間的拘束が強いから映画やテレビ番組もあまり好きじゃない。早く読むと頭に入らないしゆっくり読むとなかなか終わらないから本も好きじゃなくなってしまった。絵は視野に入るもので判断していいしそこに存在しているからすき。自分の顔は視野に入らないからわからない。知らない。

 

「無限の鏡の間」がよかった。撮影できなかったからGoogle画像検索してください。なんとなくしかわからないと思います。めっちゃほめてる文章見てから入ったらなーんだこんなもんか、って感じかもしれないけどきれいだった。それに比べてイルミネーションのダサさつまらなさときたら!Nakedのプロジェクションマッピングもダサいから嫌い。ダサいのにもてはやされてるもの全部嫌い。はいそれではここから感動タイムです!はいどうぞ感動してくださーい!みたいな義務的量産型感動キモい。仕方なくやる恋人的儀式もキモい。無理して感動したくないし無理して喜びたくない。でも割と無理する。

 

両親も弟も(多分妹も)芸術系で、家族で自分だけ人の真似事しかできず、中途半端に成績がよかったから中途半端にいい大学に行き中途半端に普通の企業に就職してしまった。それでもたった2000円弱で誰かが人生かけて作り上げてきたものを見せてもらっていい体験をした気分になれるんだから、せめてそのお金を普通に払えるぐらいの生活を普通にしたいんだけど、それすらままならないのなんでなんだろう。だって今日も突然退社するし。どうしても作り続けないと生きていけなかった人への憧れはなくならないし、圧倒される経験は尊いけれど、それで自分への絶望が消えるのかというとそんなことはなく、結局自分のことは自分でどうにかするしかないって実感するだけだけど、何をしたらその穴が埋まるのかわからないまま24年間生きてきてしまった。

 

あれ、草間彌生展の話だったよね。終わりますね。

本当に最初から希望とか歌っておけばよかったって思う?

肉食ってからぽやぽやと考えてた

 

「考えてる自分が好きなだけなんじゃないの?」とよく言われる

研修でも言われたし元彼にも言われた。死ねよ。 

 

考えることほど疲れることないでしょ、

でも結論づけるならちゃんとそう思いたいからひとつひとつわからないところ納得できないところを潰して辿り着くしかないよ

ぐだぐだと考えてはなかなか結論に辿り着かないから評価は下がる上に優柔不断だの心配性だのネガティブだのメンヘラだの言われるうっせーマジで!!!!!優秀な頭脳でよかったですね素晴らしい人生本当におめでとうございまーす

 

あーあ、最初から希望とか歌っておけばよかったわ

と真剣に寄り道した時間を軽視してみてちょっと後悔する、そんなことないのに

 

 

 

「最初から希望とか歌っておけばよかった『忘れたわ』『忘れたわ』『忘れたわ』『忘れたわ』

 

TOKYO BLACK HOLE』の歌詞はここだけ途中で切れて息をする間もなく次の歌詞に移行する

最初聴いたとき切実な投げやり感で少し弱音を吐いたみたいに聞こえて、靖子ちゃんでもそう思うときがあるのかな、なーんだ、よかった、と思った

じゃあ次は最初から希望とか歌ってみまーすなんて言ってみるけどまあまあ難しいしぎこちなくなるし納得できないから結局過程を確認する作業に戻るんだよな

私たちが希望に辿り着けるのはあなたが一緒に遠回りしながらひとつずつ拾っていってくれるからだよ

 

 

はーあ、最初から希望とか歌わなくてよかったなつまんなそうだし

来世は最初から希望とか歌っとこうかな楽そうだし

まあでも楽なわけではないんだろうな、とまたループに入る

 

 

「たくさん考えるのがいいところだからねー、ゆっくりでいいんだよ」

って最初から希望とか歌っちゃうタイプの人が言ってくれるから最高の人生でーす

 

肉くいたい